2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.21 (Mon)

将来の夢

この夏休み、私には将来の夢ができました。

それは今までに夢だと言っていた、「ただなんとなく」「面白そう」「みんなもなりたいと言っているから」というような理由でなりたいと思っていた職業とは違い、この職業を将来の目標にしたことにはきちんとした理由もあり、そして目標が定まったことにより以前より学習意欲も高まりました。

その職業とは、中学校の先生…教師です。
私がこの職業を目指すことにした理由は第一に、私の通う学校の先生方の人間性に憧れたからです。
授業中だけではなく、休み時間や放課後の先生方の姿…私は毎日のように職員室に通っているのでよく知っているつもりです。先生方を見ていると、輝いているというか…誇りを持って仕事をしているように感じます。
また先生方は、授業の内容だけではなくもっと大切なことを教えてくださる気がします。
最近になってやっと、よく怒る先生も、しつこい程同じ話をする先生も、全ては私達生徒に立派な大人になって欲しいという気持ちからだとわかりました。
そんな先生方の生徒を思う気持ちをとてもありがたく感じ、私も同じように誰かを明るい未来への準備期間のほんの一部分だけでも手助けできればいいなと思うようになりました。

この話を7日に学校に行ったときに数学の先生に誰よりも先に話し、そこで先生も中学生のときお世話になった先生に憧れて教師になったと聞きました。
そして、俺はこうだったよ、だとか、こうしたらいいんじゃない?だとか、真剣に話してくださって、心から応援してくださる気がしました。
本当に嬉しかった。
思わず「先生みたいな先生もすごくいいと思う」と、本音を言ってしまいました…こういうことは照れて言えない性格なのですが、いつの間にか言っていました。

もちろん人間は様々で、大好きでとても慕っている先生がいれば嫌いで話すことすら不快な先生もいます。
でも、今となっては好きな先生嫌いな先生全員が私の憧れなのです。

教師を目指そうと決めて、どの高校に行き、どの大学に進むか大筋の見通しがついてきました。
これからは今までよりも努力していくつもりです。

この話は数学の先生とお姉さんのような存在のお友達にしかちゃんと話していませんでしたが、他の誰かに話すよりも先にここで意思表示をしようと思い、このような記事を立てました。
スポンサーサイト
EDIT  |  18:48  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。